「お米はどんなふうに形が変わっても、美味しい!」

私はお煎餅が大好きです。醤油味、塩味、固焼き、薄焼きなどいろいろありますが、何でも好きです。
そもそもお米が大好きで、ごま塩ふりかけをかけただけでもお茶碗2杯を食べることができます。
私はお団子も「素材そのものの味が好き」で、みたらし団子や粒あんの団子などがありますが「何も味がついていない団子」が好きです。
シンプルですが、お米の甘さやお団子のうま味が良く分かります。私はもともと早食いで噛む回数が2〜3回でした。
でも、「よく噛んで食べることは健康に良い」とテレビや本で言われるようになり、噛む回数を50回と決めて食べることにしました。
そうしたら味覚が敏感になったのです。ご飯の甘さは特別で、噛めば噛むほど甘みが口の中に広がります。
「お米って、優しい甘みがあるんだな」と思いました。炊きたてのご飯も美味しいですが、冷めたご飯も更に美味しいと思います。
お米はどんなふうに形を変えても美味しくて、どんな味の変化にも対応が可能で、日本人にとってずっと守っていきたい食文化だと思うのです。http://stuartcumberland.net/