カツラはファッションの道具として使えるか?

薬局に行くとたくさんの種類の育毛剤が販売されているが、高価なものから安価なものまである。値段に関わらず効果が出るまでには、かなりの時間がかかるようである。薄毛に悩んでいるひとは、基本的に選択肢は2つに分かれると思う。1つは育毛剤を自分で購入したり、育毛サロンなどに通うことで、もう1つはカツラをつけることである。カツラには他人にバレてしまうと恥ずかしいという抵抗感を持つ人が多いようである。しかし、オーダーメイドのカツラはかなりの高額であるが、医療用のカツラとして販売されているものの中には1万円の以下の購入しやすい価格のものもあるし、ヘアスタイルも自分の好みに変えることができるように作られているものもある。一日中カツラをつけているのは大変かもしれないが、育毛剤で時間をかけて頭皮をケアしつつ、カツラを併用するのが手っ取り早い方法のように思える。またカツラと呼ぶより、ヘアピースとかウィッグと呼んだほうがお洒落な感じがして抵抗なく利用できるのではないだろうか?手軽に装着できて、鏡に映った自分の姿を見れば心機一転できるはずである。カツラの装着にはそういった心理的な効果もあることを認識しておきたいものである。エピレvio2回6000円